2016.09.28

セビージャ、苦しみながらもホームでリヨン撃破! 清武のCLデビューはお預け

イェデル
決勝ゴールを挙げたイェデル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が27日に行われ、日本代表MF清武弘嗣所属のセビージャとリヨンが対戦した。

 初戦ではユヴェントスとのアウェーゲームをスコアレスドローで終え、好スタートを切ったセビージャ。本拠地で迎える今節は勝ち点3獲得を目指す。対するリヨンは初戦でディナモ・ザグレブを3-0で下しており、連勝を狙って敵地へ乗り込む。

 セビージャはMFサミル・ナスリやMFフランコ・バスケス、FWルシアーノ・ビエットらが先発起用され、CLデビューに期待がかかる清武は第1節に続いてベンチスタートとなった。

 最初にチャンスを作ったのはリヨン。11分、エリア手前中央でボールを受けたナビル・フェキルが左足でミドルシュートを放ったが、惜しくもクロスバーを直撃した。

 一方のセビージャは16分、自陣からのFKをエリア内左で受けたビトーロが頭で落とし、走り込んだビエットが右足で狙ったが、シュートはGKに阻まれた。

 リヨンは24分、前線でドリブルを仕掛けたマクスウェル・コルネがエリア内左に侵入し、左足で狙う。だが、シュートはGKの好セーブに阻まれ、先制点とはならない。

 前半はリヨンがやや押し気味に試合を進めたが、ゴールを奪うことはできず、0-0のままハーフタイムを迎える。

 後半立ち上がりはセビージャが積極的に前へ出ると、53分に先制ゴールが決まる。エリア手前右からスティーヴン・エンゾンジが正確なクロスを供給。これをファーサイドのビエットがヘディングで折り返し、最後はゴール前のウィサム・ベン・イェデルが頭で押し込んだ。

 セビージャは69分、右サイドからのクロスがエリア内にこぼれると、これを拾ったナスリがDFに倒されてPKを獲得する。だが、キッカーを務めたビエットが蹴ったボールはクロスバーの上に外れてしまい、絶好のチャンスを逃した。

 1点を追いかけるリヨンは76分、エリア手前でグラウンダーのパスを受けたコランタン・トリソが右足ダイレクトでミドルシュートを放つと、弧を描いたボールがゴールを脅かしたが、惜しくもクロスバーに弾かれた。

 一方のセビージャはこのプレーの直後、ディフェンスラインの裏に抜け出したビエットがGKと一対一となり、ループシュートを選択。ボールはゴールの方向へ転がったが、カバーに戻ったDFにクリアされ、追加点とはならなかった。

 90分にはエンゾンジの強烈なミドルシュートがGKの好セーブに阻まれるなど、2点目を奪うには至らなかったセビージャだが、試合はこのまま1-0でタイムアップ。ホームでリヨンに競り勝ったセビージャが今シーズンのCL初白星を手にしている。なお、清武に出番は訪れなかった。

 次節、セビージャは10月18日に敵地でディナモ・ザグレブと、リヨンは同日にホームでユヴェントスと対戦する。

【スコア】
セビージャ 1-0 リヨン

【得点者】
1-0 53分 ウィサム・ベン・イェデル(セビージャ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る