2016.05.30

「2位では記憶に残らない」…責任を語るシメオネ監督、退任の可能性も

シメオネ
CL決勝の試合中に手で顔を覆うシメオネ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ決勝が28日に行われ、レアル・マドリードがPK戦の末にアトレティコ・マドリードを破り、2年ぶり11回目の優勝を果たした。

 2年前に続いて決勝で敗れ、チャンピオンズリーグ準優勝に終わったアトレティコ・マドリード。ディエゴ・シメオネ監督は試合後の記者会見で自身の責任に言及し、退任する可能性も示唆した。スペイン紙『アス』がコメントを伝えている。

 シメオネ監督は「勝ったチームがベストチーム。(レアル)マドリードが勝ったのだから、彼らがベストチームなんだ。我々はPK戦という形でチャンピオンになるための選択肢(方法)を得ることとなったが、それを活かすことはできなかった」と、レアル・マドリードを称えるコメントを残し、以下のように続けた。

「今後も努力が必要だが、自分の身の振り方について考える時が来ている」

 去就について含みを持たせたシメオネ監督。「アトレティコを去ることを考えているのか」と問われると、「今は考えているとしか言えない。アトレティコのことを愛しているし、クラブも私のことを愛していると思うが、決勝で2回敗れた後、(去就について)考えずに進むことが良いとは思えない」と、退任の可能性を示唆した。

 そして「我々は疲れていた。2位では誰の記憶にも残らないんだ。(2013-14シーズンに続いて)2回も決勝で敗れたことは失敗と言える。この敗北を乗り越えて、傷を癒さなくてはならない」と語った。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング