FOLLOW US

グリエスマン、PK失敗で落胆もリベンジ誓う「またファイナルに」

後半にPKを失敗したグリエスマンはリベンジを誓う [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝が28日に行われ、アトレティコ・マドリードはPK戦の末、レアル・マドリードに敗れた。試合後、フランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンがインタビューに応じ、コメントをUEFA(欧州サッカー連盟)の公式サイト『UEFA.com』が伝えている。

 アトレティコ・マドリードは前半15分に、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスの先制ゴールでレアル・マドリードにリードを許す。後半に入って、途中出場のベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコのゴールで同点に追いつくが、勝ち越しゴールを奪うことができないまま、延長戦を含む120分が終了。PK戦の末に敗れて、2シーズン前のリベンジは叶わなかった。

 グリエスマンはPK決着となった同試合について「PKは宝くじみたいなもの。今回はレアル・マドリードがラッキーだったってことさ。僕たちはいいプレーをしていたよ」と振り返った。

 1点ビハインドの47分にPKを獲得したアトレティコ・マドリードだったが、キッカーを務めたグリエスマンのボールはクロスバーに直撃し、同点に追いつくチャンスを逃してしまった。この場面について同選手は「決められなかったのは残念だけど、そうなってしまったものは仕方ない」と落胆。また、その後に同点弾を決めたカラスコについては「彼ら(レアル・マドリード)にとっては厄介な存在だった」と称賛した。

 初めてプレーしたCL決勝の舞台で宿敵レアル・マドリードに敗北を喫し「負けたことは考えないようにしているけど、それでも心が傷む」とコメントしたグリエスマンだが、早くも次の機会を見据えている。「できればまたファイナルに来たいし、それが目標だよ。こういったチャンスがあるのはいいことだし、継続していきたい」と来シーズン以降のリベンジを誓った。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA