2016.05.29

16ゴール記録のC・ロナウド、4年連続通算5度目のCL得点王に輝く

C・ロナウド
4年連続5度目のCL得点王に輝いたC・ロナウド [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝が28日に行われ、レアル・マドリードがPK戦の末にアトレティコ・マドリードを下し、2年ぶり11度目の優勝を果たした。これで2015-16シーズンのCL全日程が終了。16ゴールを記録したレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが自身5度目の大会得点王に輝いている。

 C・ロナウドは今シーズン、グループステージだけで11ゴールをマークすると、決勝トーナメントに入っても5点を追加。2位のポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)に7点差をつけた。

 マンチェスター・U在籍時の07-08シーズン(8ゴール)、そしてレアル・マドリードで12-13シーズン(12ゴール)、13-14シーズン(大会記録の17ゴール)、14-15シーズン(10ゴール)と、これまで4度頂点に立っていたC・ロナウドは、4年連続となる自身5度目のCL得点王を獲得している。

2016年5月28日 UEFAチャンピオンズリーグ決勝 【スコア】 レアル・マドリード 1-1(PK5-3) アトレティコ・マドリード 【会場】 ジュゼッペ・メアッツァ(ミラノ) 【得点者】 1-0 15分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード) 1-1 79分 ヤニック・フェレイラ・カラスコ(アトレティコ・マドリード) 映像:スカパー!

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
46pt
バルセロナ
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
48pt
ラツィオ
46pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング