2016.05.05

レアル、CL最多優勝記録更新なるか…過去13回の決勝、勝率は77%

マンCを破って決勝進出を決め、喜ぶレアルの選手たち [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 4日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグで、レアル・マドリードとマンチェスター・Cが対戦。レアル・マドリードが1-0で勝利を収め、2試合合計1-0で準決勝突破を決めた。同クラブの決勝進出は通算14回目となる。スペイン紙『アス』が報じた。

 レアル・マドリードはチャンピオンズリーグ(前身のヨーロピアン・カップを含む)で、史上最多記録となる10回の優勝を誇っている。5月28日にはイタリアのミラノで、11回目の優勝を目指してアトレティコ・マドリードと対戦する。アトレティコ・マドリードは10回目の優勝を達成した時の相手。2013-14シーズンの決勝、92分48秒という土壇場でスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが同点ゴールを決め、延長戦の末に4-1で勝利を収めた。

 レアル・マドリードがチャンピオンズリーグ決勝でプレーするのは今シーズンで14回目となる。過去13回のうち、10回は優勝トロフィーを掲げている。決勝での勝率は約76.9パーセントだ。

 レアル・マドリードがプレーしたチャンピオンズリーグ決勝13試合は以下のとおり。

○1956年6月13日(開催地:パリ)レアル・マドリード 4-3 スタッド・ランス
○1957年5月30日(マドリード)レアル・マドリード 2-0 フィオレンティーナ
○1958年5月28日(ブリュッセル)レアル・マドリード 3-2 ミラン
○1959年6月3日(シュツットガルト)スタッド・ランス 0-2 レアル・マドリード
○1960年5月18日(グラスゴー)フランクフルト 3-7 レアル・マドリード
●1962年5月2日(アムステルダム)ベンフィカ 5-3 レアル・マドリード
●1964年5月27日(ウィーン)インテル 3-1 レアル・マドリード
○1966年5月11日(ブリュッセル)パルチザン・ベオグラード 1-2 レアル・マドリード
●1981年5月27日(パリ)リヴァプール 1-0 レアル・マドリード
○1998年5月20日(アムステルダム)ユヴェントス 0-1 レアル・マドリード
○2000年5月24日(パリ)レアル・マドリード 3-0 バレンシア
○2002年5月15日(グラスゴー)レヴァークーゼン 1-2 レアル・マドリード
○2014年5月24日(リスボン)レアル・マドリード 4-1 アトレティコ・マドリード

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る