2016.05.05

レアル、2大会ぶりのCL決勝進出…ベイルが決勝弾演出、マンCを撃破

20分、ゴールを喜ぶレアルの選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが4日に行われ、レアル・マドリードとマンチェスター・Cが対戦した。

 4月26日に行われたファーストレグでは、マンチェスター・Cのホームで0-0の引き分けに終わった。アウェーゴールを奪うことができずにホームへ帰還したレアル・マドリードは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが先発メンバー入り。ファーストレグと4月30日のリーガ・エスパニョーラ第36節レアル・ソシエダ戦を欠場していたエースが復帰した。一方、元フランス代表FWカリム・ベンゼマはベンチ外となっている。前線にはスペイン人FWヘセ・ロドリゲスが入り、ウェールズ代表MFギャレス・ベイルらと攻撃陣を構成する。

レアル・マドリードの先発メンバー [写真]=Getty Images

レアル・マドリードの先発メンバー [写真]=Getty Images

 対するマンチェスター・Cは、初の決勝進出を目指す。5月1日のプレミアリーグ第36節サウサンプトン戦には大幅にメンバーを入れ替えて臨み、2-4で敗れた。セカンドレグの先発メンバーには、ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニやコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロらが起用されている。

マンチェスター・Cの先発メンバー [写真]=Getty Images

マンチェスター・Cの先発メンバー [写真]=Getty Images

 開始8分、マンチェスター・Cはアクシデントに見舞われた。コンパニが最終ラインからドリブルで持ち上がり、センターサークル内でパスを出した際に負傷。コンパニは歩いてピッチを後にすることとなり、エリアカン・マンガラとの交代を余儀なくされた。

負傷交代を強いられたコンパニ [写真]=Getty Images

負傷交代を強いられたコンパニ [写真]=Getty Images

 立ち上がりにキャプテンを負傷で欠くこととなったマンチェスター・Cに対し、ホームのレアル・マドリードは攻勢をかけていく。ダニエル・カルバハルのクロスに合わせたC・ロナウドのヘディングシュートは枠を越えたが、得点に迫っていった。

 そして20分に均衡が破られた。右サイドのカルバハルが敵陣でボールを持つと、ゴールライン際のスペースへスルーパスを通す。走り込んでいたベイルは右足でゴール前へ。すると、マークについていたフェルナンドに当たったボールはGKジョー・ハートの頭上を越え、ファーサイドのポストを弾いてゴールへ吸い込まれた。公式記録上はフェルナンドのオウンゴール。レアル・マドリードが先制に成功した。

ゴールが決まって喜ぶベイル [写真]=Getty Images

ゴールが決まって喜ぶベイル [写真]=Getty Images

 ビハインドを負ったマンチェスター・Cはフェルナンジーニョがペナルティーエリア左側でパスを受けて右足シュートを放つ場面があったが、左ポストをかすめて枠の外へ外れた。前半は1-0、レアル・マドリードのリードで終了した。

 後半は立ち上がりからレアル・マドリードのペースで進んだ。52分には右サイドからベイルが浮き球のパスを出し、最終ラインの背後を取ったルカ・モドリッチがGKハートと1対1のチャンスを迎えたものの、シュートは阻まれて追加点とはならなかった。

 レアル・マドリードは56分にルーカス・バスケス、67分にはハメス・ロドリゲスを投入。決定機を活かせない展開の中、攻撃陣を入れ替えて追加点を目指す。一方のマンチェスター・Cは61分にラヒーム・スターリング、69分にケレチ・イヘアナチョをピッチへ送り出した。

 マンチェスター・Cは84分、左サイドのゴールライン際でFKを獲得。ケヴィン・デ・ブライネが意表を突いて直接ゴールを狙ったが、サイドネットへ外れた。89分にはアグエロがミドルシュートを放ったものの、枠を捉えられなかった。

アグエロはゴールを決めることができなかった [写真]=Getty Images

アグエロはゴールを決めることができなかった [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは88分にマテオ・コヴァチッチを投入して交代枠を使い切った後、終了間際のプレーでGKケイロル・ナバスが負傷するアクシデントに見舞われたが、プレー続行可能となり、事なきを得た。

 マンチェスター・Cは最後まで反撃のゴールを挙げられず、試合は1-0で終了した。レアル・マドリードが2大会ぶりの決勝進出を決めた。決勝は5月28日にイタリア・ミラノのスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで行われ、レアル・マドリードはアトレティコ・マドリードと対戦する。

 レアル・マドリードは次戦、8日のリーガ・エスパニョーラ第37節でバレンシアとホームで対戦。一方のマンチェスター・Cは同日、プレミアリーグ第37節でアーセナルとアウェーで対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 1-0(2試合合計:1-0) マンチェスター・C

【得点者】
1-0 20分 オウンゴール(フェルナンド、レアル・マドリード)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る