FOLLOW US

3年連続のCLベスト4敗退…PK失敗のミュラー「本当に心が痛い」

CLベスト4敗退に肩を落とすバイエルンFWミュラー(中央)[写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが3日に行われ、バイエルンはアトレティコ・マドリードに2-1で勝利。2試合合計2-2としたが、アウェーゴール差により、3シーズン連続でベスト4敗退となった。バイエルンに所属するドイツ代表FWトーマス・ミュラーの試合後コメントをドイツ誌『kicker』日本語版が伝えた。

 敵地でのファーストレグを0-1で落としていたバイエルン。セカンドレグでは、31分に元スペイン代表MFシャビ・アロンソのゴールで先制し、2戦合計スコアをタイに戻す。さらに34分にPKを獲得するが、キッカーを務めたミュラーのシュートはスロヴェニア代表GKヤン・オブラクに阻まれた。逆転のチャンスを逃すと54分にはアトレティコ・マドリードにアウェーゴールを献上。74分にポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの勝ち越しゴールで、2-1の勝利を収めるが、アウェーゴール差により敗退が決まった。

 試合後、ミュラーは「確かにミスも少しあったが、僕たちは多くの良いプレーを見せていた。でも残念ながら十分ではなかったよ」と試合を振り返ると、「PKを決められなかったことも、もちろん残念に思っている。滅多に経験したことのない日だ。本当に心が痛い」とPK失敗を悔やんだ。

 バイエルンは7日、ブンデスリーガ4連覇を懸けて、敵地で行われる第33節インゴルシュタット戦に臨む。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA