2016.02.17

CL試合後にあわや衝突…セスクが抗議も、イブラは聞こえないふり

イブラヒモヴィッチ、セスク
イブラヒモヴィッチ(左)とセスク(右)の競り合い [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが16日に行われ、パリ・サンジェルマンとチェルシーが対戦。ホームのパリ・サンジェルマンが2-1で先勝した。

 試合後、チェルシーのスペイン代表MFセスク・ファブレガスとパリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの間で、あわや衝突かという騒動が発生していたようだ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 同紙は「パリ・サンジェルマンとチェルシーの一戦は、何事もなく終わったように思われた。実際、試合前には両チームの選手たちが旧交を温める場面も見られた」と、前置きしたうえで「だが、試合後にはヒートアップしてしまったようだ」と記した。報道では、ジャーナリストのスサーナ・グアッシュ氏のツイートが引用され、騒動について説明されている。

 グアッシュ氏のツイートによると、試合会場のパルク・デ・プランスを去る際、セスクがイブラヒモヴィッチのもとに詰め寄り、「今日は言い過ぎだ」と、ピッチ上での発言について抗議。イブラヒモヴィッチは説明を求められたが、聞こえないふりをして応じなかった。騒動が大きくならないよう、セスクはイブラヒモヴィッチのもとから引き離されたようだ。

 試合後に禍根を残した両者。セカンドレグは3月9日、チェルシーのホームで行われる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング