2015.10.20

ブッフォン、ボルシアMG戦出場が不透明も控えを信頼「優れたGK」

ネト ブッフォン
今季からともにプレーするブッフォン(右)とネト(左)(写真は2014年のもの) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、21日に開催されるボルシアMGとのチャンピオンズリーグ・グループステージ第3戦の出場が微妙になっている。19日付のイタリア紙『トゥットスポルト』が報じた。

 ブッフォンは18日に行われたセリエA第8節のインテル戦に先発フル出場したが、29分にマルセロ・ブロゾヴィッチのシュートを防いだ際に右足ふくらはぎを痛めていた。

 ボルシアMG戦への出場については「(18日のインテル戦でふくらはぎを)強く打撲した。(ボルシアMG戦に)出場できるかは分からないが、もし自分が出場できなくても、僕らの第2GKはとても優れたGKだ。落胆させることはないGKがプレーすることになる」とコメント。自身の出場が不透明であることを明かしつつ、控えのブラジル代表GKネトが優秀なGKであると述べ、安心してネトにゴールマウスを託すことができると強調した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る