2015.09.30

決勝弾のバルサFWスアレス、CL逆転勝利の要因は「現王者だからだ」

スアレス
CLレヴァークーゼン戦でゴールを決めたバルサFWスアレス [写真]=Getty Images
世界最高峰の「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」を2018−19シーズンも毎節最大5試合生中継!

 現地29日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節、バルセロナはホームでレヴァークーゼンに2-1で逆転勝利し、通算1勝1分としてグループEの首位に立った。

 バルセロナは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの負傷離脱後の初戦となったこの試合、大黒柱不在の影響によりレヴァークーゼンの厳しい守備を崩すことができず、22分にはCKから先制点を許してしまう。後半に入っても1点ビハインドの苦しい展開が続いたバルセロナだが、80分に途中出場のスペイン人MFセルジ・ロベルトが起死回生の同点弾を決めると、82分にはウルグアイ代表FWルイス・スアレスが値千金の逆転弾を叩き込み、わずか2分間で試合をひっくり返して今大会初白星をもぎ取った。

 持ち前の勝負強さを見せたスアレスは、試合後のインタビューで、逆転勝利を収められた要因として王者としてのプライドを挙げた。

「殆どフットボールらしからぬ試合だったが、何とか勝利を収めることができた。底力を見せることができたのは、僕らが大会の現王者だからだ」

 この試合では1点のビハインドを背負った後半に入り、本来のスリートップを崩し、スアレスとU-21スペイン代表FWサンドロ・ラミレスの2トップの後方にブラジル代表FWネイマールをトップ下として置く形へと変更したことで、前方にスペースができた両サイドバックがオーバーラップしやすくなったバルセロナ。スアレスは、的確な采配を行ったルイス・エンリケ監督の戦術眼を称えた。

「ルイス・エンリケ監督は、僕たち選手には見えなかったことが見えていた。彼のシステム変更が奏功し、チームに好影響がもたらされた」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る