FOLLOW US

CL初戦ベスト11…3得点のC・ロナ、移籍後初弾のディ・マリアら選出

左からセスク、グリエスマン、C・ロナウド、ディ・マリア、チャルハノール [写真]=AMA/Getty Images, Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が15、16日に欧州各地で行われた。イギリスメディア『BBC』は、同国のスポーツデータ会社『オプタ』の記録を基に、同節のベストイレブンを発表している。

 メンバーには、パリ・サンジェルマンから最多の4名が選出された。マルメ戦で移籍後初ゴールを決め、最多17本のクロスを供給したアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアに加え、ブラジル代表DFチアゴ・シウヴァ、両サイドバックのオランダ代表DFグレゴリー・ファン・デル・ヴィールと、元ブラジル代表DFマクスウェルのDF陣3選手が選ばれている。

 一方、パリSGの対戦相手であるマルメからはスウェーデン人GKヨハン・ビラントが選出。パリSGに2ゴールを許したビラントだが、合計22本のシュートを浴びていたことから、同メディアは「ビラントがいなければ結果はもっと酷かっただろう」とコメントしている。

 また、シャフタール戦でハットトリックを達成したレアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、BATEボリソフ戦で2得点を決めたレヴァークーゼン所属のトルコ代表MFハカン・チャルハノール、ガラタサライ戦で2ゴールを挙げたアトレティコ・マドリード所属のフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンらが選ばれている。

『BBC』発表のベストイレブンは以下のとおり。(カッコ内は所属クラブ)
 
▼GK
ヨハン・ビラント(マルメ)

▼DF
グレゴリー・ファン・デル・ヴィール(パリ・サンジェルマン)
ダビド・アラバ(バイエルン)
チアゴ・シウヴァ(パリ・サンジェルマン)
マクスウェル(パリ・サンジェルマン)

▼MF
セスク・ファブレガス(チェルシー)
ユリアン・ドラクスラー(ヴォルフスブルク)
アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)
ハカン・チャルハノール(レヴァークーゼン)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

▼FW
アントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA