2015.09.16

ユーヴェ指揮官、ブッフォンを大絶賛「とてつもないセーブを見せた」

ブッフォン
CL初戦のマンC戦に出場したGKブッフォン [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が15日に行われ、ユヴェントスは敵地でマンチェスター・Cと対戦し2-1と逆転勝利を収めた。ユヴェントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督は試合後、イタリアメディア『メディアセット』のインタビューに答えた。

 ユヴェントスは今シーズンのセリエAで開幕から3試合を終えて1分け2敗と不調。一方のマンチェスター・Cはプレミアリーグで開幕から無傷の5連勝と好調を維持しており、ユヴェントスは劣勢が予想されていた。

 前評判を見事に覆し、CL初戦でチームを勝利に導いたアッレグリ監督は「前半は、攻撃面でもっと上手くやれたと思っている。我々は何かしら過ちを犯したが、ブッフォンが素晴らしいセーブを見せてくれた。0-1の場面でも追加点を許してしまう危険があったが、ここでもブッフォンがとてつもないセーブでチームを救ってくれたよ」と好セーブを連発した守護神を称えた。

不振に陥っていたチームについては、「後半に2得点を奪い、自分たちを信じ、試合に勝利した。(セリエAのキエーヴォ戦を含めた)この2試合は、良い印象を与える可能性が見られている」とチームが復調傾向にある考えを示した。

 今シーズン初めてスタメンに起用したコロンビア代表MFフアン・クアドラードについて、「クアドラードの先発起用は昨日決めた。クアドラードとモラタは、犠牲を払ってプレーしてくれたね。勝利するためには攻撃面で良くやらなければならないが、受け身となった際にも、しっかりとやらなければならない。こういった試合では、7人だけでは守るのは難しい。もし、シティの選手にスペースを与えてしまえば、相手を捕らえることができなくなってしまう。しかし、選手たちはこの試合の長い時間、相手の攻撃を遅らせ、チャンスを与えなかった」と説明している。

 ユヴェントスは30日に行われるCLグループステージ第2節で、ホームにセビージャを迎える。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング