FOLLOW US

バルサ退団のシャビ、CL決勝で対戦するピルロを称賛「彼の大ファン」

ピルロ(左)との対戦を待ちわびるシャビ(右) [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属する元スペイン代表MFシャビが21日に公式会見を行い、今シーズン限りでクラブを退団することを発表。同選手は、会見の中で6月6日に行われるチャンピオンズリーグ決勝について語り、ユヴェントスのイタリア代表MFアンドレア・ピルロについて言及した。同日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えている。

 プロとしては17年間、下部組織からは24年過ごしたバルセロナを去ることになったシャビ。同クラブで残された試合は、23日に行われるリーガ・エスパニョーラ最終節のデポルティーボ戦、30日に行われるコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝のアスレティック・ビルバオ戦、そしてユヴェントス戦の3試合となる。

 バルセロナでのラストマッチがCL決勝という大舞台になるが、これについてシャビは「夢にまで見たようだラストマッチになるだろう。これ以上の舞台は不可能だからね。でも、簡単な試合にはならないはずだ」と最後にCL決勝を戦える喜びを語るとともにユヴェントスへの警戒を強めた。

 ユヴェントスには1つ年上のピルロが所属しているが、「僕らは16、17歳の頃からユースチームで戦っていたし、彼は当時から飛び抜けた才能を披露していた。当時、彼はトップ下の選手だったけど、今はスペクタクルな試合の指揮者になったね」と、若かりし頃の同選手の印象を語っている。

 続けて「彼には多くの感銘を受けたんだ。僕は本当に彼の大ファンだよ。代表でもミランでもやりあってきたし、今回はユヴェントスの選手として戦うことになる。僕にとっては誰も彼の代わりを務められないと思うな」とコメントした。

 また、ピルロがチャンピオンズリーグ優勝を果たしたあかつきにはユヴェントスを退団するかもしれないと発言したことに対し、「それなら僕らは彼が(準優勝に終わり)残留することを願うよ」と、冗談を交えながら対戦を心待ちにした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO