2015.05.05

CLクラシコを希望のデル・ボスケ監督「スペイン勢の決勝を期待」

デル・ボスケ
3月のオランダ戦に臨んだスペイン代表のデル・ボスケ監督 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードとユヴェントス、バルセロナとバイエルンによる準決勝がいよいよ幕を切って落とされるチャンピオンズリーグ(CL)。スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督が、昨シーズンの“マドリード・ダービー”に続き、今シーズンは“クラシコ”が決勝で見られることに期待を寄せた。

 レアル・マドリードが延長戦の末にアトレティコ・マドリードを下し、前人未到の“ラ・デシマ”(10度目のCL制覇)を達成した昨シーズンの決勝から早1年。史上初の連覇を狙うレアル・マドリードと4シーズン振りの優勝を目指すバルセロナが揃って準決勝を勝ち上がった場合、2シーズン連続の決勝でのスペイン勢対決が実現する。

 6月11日にはコスタリカ代表との国際親善試合、同14日にはベラルーシ代表とのユーロ2016予選に臨むスペイン代表にとって、その直前の6日に行われるCL決勝は、選手のコンディションを考えると有難い試合とは言い難い。それでもデル・ボスケ監督は、代表に多数の選手を送り出しているレアル・マドリードとバルセロナによる頂上決戦を願った。

「今年もスペイン勢による決勝になることを期待している。それは、6月11日および14日に重要な2試合を戦う代表にとっては痛手となるかも知れないがね。レアル・マドリードとバルセロナが準決勝にいることは、ここ10年以上に及ぶスペイン勢のヨーロッパにおける活躍を改めて示している。彼らが揃って決勝に進出すれば、スペインのフットボール界にとって一段と素晴らしいシーズンになることは間違いない」

 とはいえ、バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督や多数の新旧代表選手、ユヴェントスのスペイン代表FWアルバロ・モラタなどにも気を配っているデル・ボスケ監督は、「ベスト4のうち2チームはスペイン人監督が指揮を執り、4チーム全てにスペイン代表の候補がいる」と述べ、スペインのフットボール界全体のヨーロッパにおける影響力の高さを強調している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る