FOLLOW US

CLベスト4進出クラブ中で今後のスケジュールが最も厳しいのは?

CLベスト4進出クラブの今後のスケジュールは? [写真]=Getty Images

 24日、スイスのニヨンでチャンピオンズリーグ準決勝の組み合わせ抽選会が行われた。

 欧州を代表するビッグクラブ4チームが勝ち残った今シーズンのCL。抽選の結果、バルセロナバイエルンと、ユヴェントスレアル・マドリードとそれぞれ対戦することになった。世界最高峰のステージでこの4チームがどんな戦いを繰り広げるのか、今から楽しみである。

 今回は、それぞれのチームがこの準決勝の直前直後にどのようなスケジュールになっているかをまとめ比較してみた。これらのチームは準決勝の直前と直後にどんな試合が組まれているのだろうか。

バルセロナ
4月28日(火)ヘタフェ戦(13位)
5月2日(土) コルドバ戦(20位)
5月6日(水) CL準決勝1stレグ バイエルン
5月10日(日)レアル・ソシエダ戦(12位)
5月12日(火)CL準決勝2ndレグ バイエルン
5月17日(日)アトレティコ・マドリード戦(3位)

バイエルン
4月28日(火)ドイツ杯準決勝 ドルトムント戦
5月2日(土) レヴァークーゼン戦(4位)
5月6日(水) CL準決勝1stレグ バルセロナ
5月9日(土) アウクスブルク戦(6位)
5月12日(火)CL準決勝2ndレグ バルセロナ
5月16日(土)フライブルク戦(14位)

ユヴェントス
4月29日(水)フィオレンティーナ戦(6位)
5月2日(土) サンプドリア戦(5位)
5月5日(火) CL準決勝1stレグ レアル・マドリード
5月10日(日)カリアリ戦(18位)
5月13日(水)CL準決勝2ndレグ レアル・マドリード
5月17日(日)インテル戦(9位)

レアル・マドリード
4月29日(水)アルメリア戦(17位)
5月2日 (土)セビージャ戦(4位)
5月5日 (火)CL準決勝1stレグ ユヴェントス
5月9/10日(土/日)バレンシア戦(5位)
5月13日(水)CL準決勝2ndレグ ユヴェントス
5月16/17日(土/日)エスパニョール戦(10位)

※順位は27日現在
※試合開催日は各クラブの公式HPを参照(現地時間)

 今回は、CL準決勝1stレグの1週間前から2ndレグが行われる週の週末までに開催される全ての試合をまとめた。いずれのチームもこの期間に6試合を戦うことになる。

 まず目を引くのは、ドルトムントとのドイツ杯準決勝を控えるバイエルンである。ブンデスリーガではすでにリーグ優勝を決めているが、今回のドローによりバイエルンは3週連続ミッドウィークにビッグクラブとの対戦を控えることになった。

 また、レアルもCL準決勝1stレグの直前と直後に難敵を迎える。セビージャとバレンシアは現在リーガで5位と4位につけており、ともにCL出場圏内を目指しているという意味でかなり手強い相手となるはずだ。

 一方、バルセロナは比較的対戦相手に恵まれている印象であるが、CL準決勝2ndレグの直後にはアトレティコとの上位対決を控えている。直接CLには影響が出なさそうだが、CLで蓄積した疲労がアトレティコ戦にどう影響を及ぼすかであろう。

 ユヴェントスは、準決勝1stレグの直前にマドリー同様難しい相手を迎える。1stレグと2ndレグの間に対戦するのが降格圏のカリアリということでCLに全力を注ぐことができるとも言えるが、2ndレグの直後にインテルとのイタリアダービーを控えている。

 こうして見ると、どのチームにもそれぞれ難しい要素があることが分かる。

 それらを比較して何かしらの結論を導くのは難しいが、すでにリーグ優勝を果たしたバイエルンと首位を独走しているユヴェントスに対し、バルセロナとレアルはそれぞれリーガで激しい首位争いをしている。それゆえ、バルセロナとマドリーはよりリーグ戦にも意識を向けなければならないだろう。

 こういったスケジュールの違いが、それぞれのチームにどのような影響を及ぼすのだろうか。2014-15シーズンの欧州のサッカーシーンも、いよいよクライマックスを迎えている。

(記事提供:Qoly)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO