2015.04.14

パリSGのT・シウヴァ、バルサの3トップを警戒「世界のベスト3」

チアゴ・シウヴァ
対戦相手のバルサについて語ったT・シウヴァ [写真]=Getty Images

 15日に行われるチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグ、バルセロナはアウェーでパリ・サンジェルマンと対戦する。

 2シーズン前の同大会でも準々決勝で顔を合わせた両チームは、パルク・デ・プランス(パリSGの本拠地)でのファーストレグもカンプ・ノウ(バルセロナの本拠地)でのセカンドレグもドローを演じたものの、アウェーゴールの差によりバルセロナがパリSGを退けた。

 迎えた今回、2年越しのリベンジに向けて先勝したいパリSGだが、出場停止のスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチおよびイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ、故障中のブラジル代表DFダヴィド・ルイスの欠場が確定しており、イタリア代表MFティアゴ・モッタの出場も回復次第となっている。

 それでもチームの主将を務めるブラジル代表DFチアゴ・シウヴァは、『Canal+』のフットボール番組とのインタビューで、バルセロナを正攻法で倒しに行くことを明言した。

バルセロナのような強敵と対戦するからといって、自分達のプレーを変えてはならない。ボールをしっかりとキープしながら、要所要所では個々の能力も生かし、彼らに驚きを与えたい」

 バルセロナとの対戦はミラン時代も含めてここ5シーズンで4度目となるチアゴ・シウヴァ。「彼らとは毎シーズンのように当たっているような気がしてならない」と述べる一方で、バルセロナが誇るトリデンテことアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの3トップを警戒した。

「今のバルセロナはカウンターでかなり効率良く点を取ることができる。前線に素晴らしいゴールゲッターが3人もいるのだからね。僕にとっては、彼らとの対戦は世界のベスト3をまとめて相手にするようなものだ」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング