2015.03.20

CL退場のイブラは1試合の出場停止…主審侮辱した同僚は3試合停止

イブラヒモヴィッチ
パリSGに所属するイブラヒモヴィッチ(左)とオーリエ(右) [写真]=Getty Images

 UEFA(欧州サッカー連盟)は、パリ・サンジェルマンに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチとコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエの処分を発表した。19日付のイギリス紙『ガーディアン』が伝えている。

 イブラヒモヴィッチは、11日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのチェルシー戦で、ブラジル代表MFオスカルに対して危険なタックルをしたとして、退場を命じられていた。同選手はこの際に足を引いていたため、レッドカードの判定には疑問の声も上がっていたが、それでも退場の判定は取り消されず、1試合の出場停止処分が決定した。

 また、負傷によりこの試合に出場していなかったオーリエは判定に激怒し、自身のフェイスブック上に動画を掲載。同選手は動画内で「ここはパリだぞ!聞こえてるのか!ここはパリだ!審判は汚い○○の息子だ」と、大声で審判を侮辱していた。

 オーリエは17日に自身の公式ツイッターを更新し、審判に謝罪するも、UEFAは同選手に対しイブラヒモヴィッチより2試合多い、3試合の出場停止処分を下している。

 なお、チャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせ抽選は、20日に行われる。

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る