FOLLOW US

PK戦で大活躍のアトレティコGK「スタジアムにいた皆が主役だ」

PKを外した相手FWを慰めるオブラク(左) [写真]=Getty Images

 17日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグ、アウェーでのファーストレグを0-1で落としてホームに戻ってきたアトレティコ・マドリードは、27分の得点で1-0としてスコアをタイに持ち込むと、延長戦の末に行われたPK戦を3-2で制し、準々決勝に駒を進めた。

 我慢に我慢を重ねた戦いが報われる形でベスト16入りを果たしたアトレティコ・マドリード。攻守で決定的な働きをした2選手が、試合後のインタビューで正直な感想を漏らした。

 まず、この日唯一となる貴重なゴールを決めたスペイン人MFマリオ・スアレスは、「僕達は一枚岩となって戦う集団だ」とチームの団結力を誇ると同時に、今後の戦いに自信を見せた。

「CLは最高峰の大会だ。ここからは本当に厳しい戦いになる。ベストのチームが集結するのだから、誰と戦うにしても難しい試合になるので、相手は別にどこでもいい。逆に、厳しい戦いを勝ち抜いてきた僕達とは、誰も戦いたくないはずだ」

 一方、23分から急遽出場し、最後はPK戦のヒーローとなったスロヴェニア代表GKヤン・オブラクは、負傷した正守護神のGKミゲル・アンヘル・モジャを「不運に見舞われてしまったが、いち早く回復することを願っている」と気遣いながら、アトレティコ・マドリードのチームとサポーターが一体となった戦いを強調した。

「フットボールとはこういうものだ。一瞬にして全てが変わる。自分は別に主役ではない。このスタジアムにいるアトレティコ・マドリードの人々皆が主役だ。このスタジアムの雰囲気があれば途中出場でのプレーも何ら難しくない」

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>詳しくはこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO