2015.03.12

C・ロナウド、CL敗戦に激怒するも一番走っていなかった事が判明

C・ロナウド
シャルケ戦の敗戦に怒りをあらわにしたC・ロナウド(右)だが… [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのエース、クリスティアーノ・ロナウドが、10日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのシャルケ戦で「最も走っていない選手」だったことが明らかになった。

 シャルケ戦のC・ロナウドは2ゴールを奪いUEFAの大会における通算得点で新記録を樹立。チームはC・ロナウドの2ゴールで一時逆転したものの、リロイ・サネ、クラース・ヤン・フンテラールがゴールを決め最終的にシャルケが4-3で勝利を収めている。

 この試合に敗れたレアルだが、2試合合計スコアで、なんとかベスト8進出が決定。しかし、C・ロナウドは試合後に「今シーズン終了まで話をしない」とメディアに宣言するなど、敗戦に怒りを露わにした。

 ここ最近のチームの戦いぶりに怒り心頭のC・ロナウドだが、実はシャルケ戦で先発フル出場したレアルのフィールドプレーヤーの中で最も走行距離が少なかったことがUEFAのデータで明らかになっている。

 シャルケ戦のC・ロナウドの走行距離は10273メートル(10.2キロ)であり、最も走ったトニ・クロースは11895メートルだった。

「C・ロナウドが走らないから…」という言うのは極論だが、「チームに激怒しているけど…」と思ってしまっても仕方のない所だろう。しかし、両チームの全選手の走行距離でもシャルケが10000メートル以上上回っており、走行距離が無関係とは言いづらい。

 なお、シャルケで最も走行距離が短かったのはジョエル・マティプの10244メートルでありC・ロナウドよりも走っていない。最も走ったのはロマン・ノイシュテッター12746メートルだ。また、マックス・マイアーも12299メートル走っている。

(記事提供:Qoly)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
フライブルク
3pt
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
マジョルカ
3pt
アスレティック・ビルバオ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング