2015.02.19

先制ヘッドのC・ロナを称賛…レアル指揮官「重要なゴールだった」

C・ロナウド
シャルケ戦で先制ゴールを挙げたC・ロナウド [写真]=Bongarts/Getty Images

 レアル・マドリードを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、18日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのシャルケ戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えている。

 レアル・マドリードは26分にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのヘディングシュートで先制。79分にも、同選手からパスを受けたブラジル代表DFマルセロが追加点を挙げ、2-0で勝利を収めた。

 試合後、アンチェロッティ監督はチームの勝利に貢献したクリスティアーノ・ロナウドについて「ここ数試合はゴールを奪うことができていなかったが、何も問題はなかった。重要な先制ゴールだった」と述べ、活躍を称えていた。

 また、同監督は試合について「今日は良いパフォーマンスだった」とコメント。さらに「チャンスを待ち、試合をコントロールすることができていた。一度だけ危ない状況になったが、それでもパフォーマンスには満足している」と語った。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る