2015.02.18

英紙報道、CLでも続くアザールへのファウル…パリSG戦は9回

アザール
パリSG戦に出場したアザール(左) [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、17日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのパリSG戦で多くのファウルを受けたと、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。



 アザールは、今シーズンのプレミアリーグにおいて、ここまで最多となる74回のファウルを受けており、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は以前からこの状況を問題視していた。

 しかし、パリSG戦でもアザールは相手選手の標的となり、ファウルを9回受けた。同紙は、その中でもイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティが最多となる3回のファウルを犯したと主張。パリSGにとって誇れる記録ではないと伝えた。

 なお、モウリーニョ監督は「ダイブして倒れ、カードを要求する選手たちもいるが、アザールには理由がある。彼に対するファウルが9回あった。この状況はプレミアリーグでも変わらない」と試合後にコメント。また「相手にカードを出さなければならない。それがルールであり、単純なことだ」と述べていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る