2014.11.27

ヴィアッリ氏がユーヴェ戦に注文「試合を決定づけるのが遅かった」

ジャンルーカ・ヴィアッリ
元イタリア代表のジャンルーカ・ヴィアッリ氏 [写真]=Getty Images

 元イタリア代表FWでイタリアメディア『Sky』のコメンテーターを務めるジャンルーカ・ヴィアッリ氏が、26日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節、ユヴェントスがマルメを敵地で2-0と下した一戦を振り返った。

 ヴィアッリ氏は古巣の試合について「強豪ではない相手に妥当な勝利だった。ユヴェントスは、素晴らしいフィジカルの力を示した。チームが機能するまで時間がかかったが、ポジティブな面を多く見ることができたし、先制点を奪ってからもチームが後ろに下がることはなかった」と話し、まずまずの評価を下した。

 しかし、「唯一不満が残る点は、試合を決定づけるのがあまりにも遅かった点だ。いくつかのピンチの局面では、あまりも良い格好をしようとしていたし、あまり意味のないプレーをしていた。これからは一位通過をすることを目指さなければならない」と続け、2点目を奪ったのが88分と試合の行方を決定づけるのが遅かったと注文を付けている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る