2014.11.27

柿谷途中出場のバーゼル敗戦…C・ロナ弾のレアル首位通過が確定

レアル・マドリード
ゴールを喜ぶレアルの選手たち [写真]=Real Madrid via Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節が26日に行われ、グループBではFW柿谷曜一朗が所属するバーゼルとレアル・マドリードが対戦した。柿谷はベンチスタートだった。

 ホームのバーゼルは現在勝ち点6。この試合で勝利を収め、他会場で試合を行っているリヴァプールが引き分け以下の結果に終われば決勝トーナメント進出が決まる。一方、すでにグループステージ突破が確定しているレアル・マドリードは、首位通過を目指して今回の一戦に臨んだ。

 序盤はバーゼルが積極的に攻撃を仕掛けたが、時間の経過とともにレアル・マドリードが主導権を握っていく。15分にはCKからチャンスをつかむとガレス・ベイルがヘディングシュートを放ち、バーゼルのゴールに迫った。さらに20分、カリム・ベンゼマからのパスを受けたクリスティアーノ・ロナウドが、左サイドから強烈なシュートでゴールを狙う。しかし、トマーシュ・ヴァツリークにセーブされた。

 バーゼルもデルリス・ゴンサレスやブリール・エンボロを軸に得点を狙いにいくが、レアル・マドリードの守備陣を攻略できない。すると35分、逆にレアル・マドリードがチャンスを迎えた。左サイドでボールを持ったベンゼマがドリブルでペナルティーエリア内に侵入。中央へ折り返すとクリスティアーノ・ロナウドが合わせて先制ゴールを手にした。

 リードを許したバーゼルはシュケルゼン・ガシのミドルシュートなどで反撃に出たが得点は生まれず。前半はレアル・マドリードのリードで終了した。

 後半に入ると、レアル・マドリードはバーゼルのカウンターを警戒しながらも追加点を狙いにいく。51分には、ヴァツリークにセーブされたが、クリスティアーノ・ロナウドが直接FKでゴールを襲った。

 同点に追いつきたいバーゼルは56分、ファビアン・フライからパスを受けたガシがペナルティーエリア内で右足を振り抜く。さらに67分、エンボロにもシュートチャンスが訪れたが、いずれの決定機も得点に結びつけることはできなかった。

 一方、レアル・マドリードも、ガレス・ベイルやクリスティアーノ・ロナウドがチャンスの場面でシュートを外してしまう。結局、試合はこのままタイムアップ。1-0でレアル・マドリードが勝利を収めている。

 勝ち点3を手にしたレアル・マドリードは、グループBの首位通過が確定。敗れたバーゼルは、決勝トーナメント進出をかけてグループステージ最終節のリヴァプール戦に臨むこととなった。なお、柿谷は87分からピッチに立っている。

【スコア】
バーゼル 0-1 レアル・マドリード

【得点者】
0-1 35分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る