FOLLOW US

シャルケ内田、5失点大敗を振り返る「自滅から入った感じ」

シャルケは最終戦でグループ突破を狙う [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節が25日に行われ、グループGでは日本代表DF内田篤人の所属するシャルケがチェルシーと対戦。ホームで0-5と敗れた。

 フル出場した内田は大敗後、「自滅から入った感じはある。リーグ戦で悪くても結果が取れていた試合もあったけど、やっぱりこういう相手だとなかなか」と振り返った。ブンデスリーガ公式HPが伝えている。

 完封された攻撃については、「前半に何回か(クラース・ヤン)フンテラールも(チャンスが)あって、俺と誰かでコンビネーションを使うというのはあった」と語る一方、「自分が絡まないとほとんどチャンスはないと思った。シュートまでいけなかったから」と口にする。

「今日は全然パスが回らなかった。ミスが何回もあったから、イライラはみんなたまってた」という内田は、「チェルシーということなんじゃないかと。俺らが意識しちゃってたんじゃないかな、そんなにビビらなくてもよかったのに」と、敗因を分析した。

 グループ3位に転落したシャルケは、12月10日に行われるグループ最終節で、アウェーでマリボルと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO