2014.11.06

バイエルンがCL決勝T進出…リベリー「先制ゴールが重要だった」

リベリー
ローマ戦で先制ゴールを挙げたリベリー [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が5日に行われ、ホームでローマと対戦したバイエルンは2-0で勝利を収めた。同試合を振り返り、バイエルンのMFフランク・リベリーがコメントを残している。クラブ公式HPが伝えた。

 勝ち点3を獲得したバイエルンは、グループステージ4連勝で決勝トーナメント進出が決定。主導権を握りながらも得点が奪えない中、38分に先制ゴールを挙げたリベリーは「今日の試合は勝利を手にすることが大切だった」とコメント。また、「ローマは45分間、全員が引いていた。だから、先制ゴールが重要だった」と語り、自身の得点に満足感を示していた。

 その一方で、リベリーは「良い結果を残しているけど、僕たちは次の試合に勝たなければならない」と主張。8日に行われるブンデスリーガ第11節のフランクフルト戦に向けて気持ちを切り替えていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る