2014.11.05

アーセナル、CL決勝T進出は持ち越し…3点リード守れずドロー

肩を落とすアーセナルの選手たち [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が4日に行われ、グループDではアーセナルとアンデルレヒトが対戦した。

 グループステージ3連勝のアーセナルは、今節で勝てば決勝トーナメント進出の可能性がある。ホームでの一戦では、GKヴォイチェフ・シュチェスニーが先発し、カラム・チェンバースとキーラン・ギブス、ペア・メルテザッカー、ナチョ・モンレアルが最終ラインに並んだ。中盤にはミケル・アルテタとアーロン・ラムジー、2列目にはアレクシス・サンチェスとサンティ・カソルラ、アレックス・オックスレイド・チェンバレンが入り、ダニー・ウェルベックが前線を務めた。一方、1分け2敗と今大会勝ちなしのアンデルレヒトは、デニス・プラートやアントニー・ヴァンデン・ボーレらが先発メンバーに名を連ねた。

 均衡を破ったのはホームのアーセナルだった。25分、ウェルベックがセンターサークル付近でプレスをかけてボールを奪うと、カウンターに。アレクシス・サンチェスからのパスを受けて最終ラインの背後を突くと、ペナルティーエリア内で相手DFに倒されてPKを獲得。アルテタが冷静にループ気味のシュートを決め、1-0とリードした。さらに4分後の29分には、ペナルティーエリア手前やや右側でのFKをアレクシス・サンチェスが直接狙うと、壁に当たって跳ね返ったボールをダイレクトボレー。地を這う強烈なシュートをゴール右隅にねじ込み、2点目を記録した。前半は2-0で終了した。

 2点リードのアーセナルは後半に入っても攻撃の手を緩めない。58分、敵陣でのプレスでアレクシス・サンチェスがボールを奪うと、アレックス・オックスレイド・チェンバレンが左サイドを縦へ突破。ペナルティーエリア内に入って右足シュートをゴール右隅へ決め、リードを3点に広げた。

 残り30分余りで3点のリード。アーセナルの勝利は決定付けられたかに思われたが、アンデルレヒトが猛反撃を開始する。61分、左サイドからの折り返しをヴァンデン・ボーレがスライディングで合わせて1点を返すと、直後にはアレクサンダル・ミトロヴィッチを投入して前線を活性化。アルテタが負傷交代したアーセナルに対して攻勢を強め、73分にミトロヴィッチがペナルティーエリア内でモンレアルに倒されてPKを獲得する。ヴァンデン・ボーレが決めて1点差となった。

 3-2で迎えた後半終了間際、アンデルレヒトが劇的な同点弾を記録する。90分、右サイドからのクロスにミトロヴィッチが飛び込み、ダイビングヘッドを沈めた。

 試合は3-3で終了。アーセナルはホームで3点リードを守りきれず、アンデルレヒトと引き分けに終わった。今節でドルトムントがガラタサライを破ったため、アーセナルは勝っていれば決勝トーナメント進出を決めることができたが、次節以降に持ち越しとなった。

【スコア】
アーセナル 3-3 アンデルレヒト

【得点者】
1-0 25分 ミケル・アルテタ(アーセナル)
2-0 29分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)
3-0 58分 アレックス・オックスレイド・チェンバレン(アーセナル)
3-1 61分 アントニー・ヴァンデン・ボーレ(アンデルレヒト)
3-2 73分 アントニー・ヴァンデン・ボーレ(アンデルレヒト)
3-3 90分 アレクサンダル・ミトロヴィッチ(アンデルレヒト)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る