FOLLOW US

モウリーニョがセスクを絶賛「バルサは彼を理解していなかった」

モウリーニョ監督(左)から称賛の言葉を受けたセスク(右) [写真]=Getty Images Sport

 チャンピオンズリーグ・グループG第3節が21日に行われ、チェルシーはホームでマリボルと対戦し、6-0で勝利した。同クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督はイギリス放送局『ITV』のインタビューに応え、スペイン代表MFセスク・ファブレガスについて語った。同日付の『インターナショナル・ビジネス・タイムズ』がコメントを伝えている。

 今シーズン、バルセロナからチェルシーに加入したセスクの印象について問われたモウリーニョ監督は「彼は私が思っていたよりもいい青年だった。彼は素晴らしい人格の持ち主で、素晴らしいプロフェッショナルだ」と語り、実際に会うまでよりも、会ってからの印象の方が良かったことを述べた。

 セスクが昨シーズンまで3年間、ユース時代を含めれば9年間所属したバルセロナについて「バルセロナは彼がどんなにいい選手かを理解していなかった。彼は時々、能力を発揮できないポジションでプレーさせられていた。だが私は彼がトッププレーヤーなのは、何年も前から知っていた」と語り、同クラブがセスクの持つ能力を上手く引き出せていなかったと主張している。

 同監督はセスクの人柄についても「私は“(人が)いい男”を求めているのではない。トップ・プレーヤーを求めている。だが、獲得したトップ・プレーヤーが数カ月後に“いい男”だと気付いたのなら、それは幸運で素晴らしいことだろう」と好感を抱いている。

 具体的にセスクの優れている点を聞かれると「彼のサッカーに対する考え方が素晴らしい。彼は誰よりも早く考えることが出来る。ポジショニングも適切で、戦術理解度も素晴らしく高い。多くのトップ・プレーヤーを指導したが、彼は最高レベルにある。彼は勝利を求め、ハードワークをいとわず、謙虚で、学ぶ姿勢を忘れない。自分の為ではなく、チームの為に頑張れる選手だ。なぜ彼が二十歳そこそこでアーセナルのキャプテンを務めることができたかわかったよ」と語り、同選手を絶賛している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO