2014.10.01

CL最年長ゴール記録のトッティ「考えていなかった。チームが第一」

トッティ
マンC戦で得点を挙げたトッティ [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループリーグの第2節が9月30日に各地で行われ、グループEではマンチェスター・Cとローマが対戦。1-1の引き分けに終わった。

 同試合では、ローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、1点リードされて迎えた23分、同点ゴールを決めて、敵地での勝ち点1獲得に貢献したが、この得点がCL史上最年長ゴール記録となった。

 9月27日に誕生日を迎え、38歳と3日で得点したトッティは、現マンチェスター・Uコーチのライアン・ギグス氏の持っていた37歳295日の記録を更新。試合後、イタリアメディア『スカイ』のインタビューに応えると、「90分間を通してみると、引き分けは厳しい。よりはっきりとしたチャンスを作ったのは我々の方だからだ。1点のリードを許した後、素晴らしい巻き返しをみせた。欧州で最も強いチームに対してそれは簡単なものではない。俺たちの価値を示した」と、敵地での引き分けという結果にも悔しさをにじませた。

 また、「容易なことではないと分かっているが、グループリーグ突破が目標だ。バイエルン、マンチェスター・シティは我々よりも強い相手だが、今日のような試合ができれば、どんな相手だって苦しめることができる」と続けると、チャンピオンズリーグでの新記録樹立に「正直、自分自身も考えていなかったゴールだ。いつも言っていることだが、自分のことよりもチームのことを第一に考えている。それが常に俺の強さだ」と話し、記録よりもチームの勝利が優先だと主張している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る