2014.09.19

来季CL決勝は、本田と長友の本拠地ミラノのサン・シーロで開催決定

昨シーズンのミラノダービーで盛り上がるサン・シーロ [写真]=Getty Images

 UEFA(欧州サッカー連盟)は18日、2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ決勝をミラノのスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ(サン・シーロ)で開催することを発表した。日本代表MF本田圭佑が所属するミランと同代表DF長友佑都が所属するインテルが本拠地とする、ジュゼッペ・メアッツァでは過去に、1965年と1970年(ともにチャンピオンズカップ時代)、2001年に決勝が行われていた。


 FIGC(イタリアサッカー連盟)のカルロ・タヴェッキオ会長は、イタリアがCL決勝の舞台に決定したことを喜んでいる。イタリアメディア『Football ITALIA』が同会長のコメントを伝えた。

「この決定を祝いたいと思う。我々、イタリアフットボールが再びヨーロッパの主人公になる希望があると示されたのだ。経済的な側面から見ても、CLの決勝は大きな影響をもたらす。その日(CL決勝)を迎えるとき、少なくとも1チームはイタリアのチームがフィールドに立つことを望んでいる」

 なお、2015年6月6日に行われるCL決勝は、日本代表MF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンの本拠地であるベルリン・オリンピアシュタディオンで行われる。

(記事/超ワールドサッカー)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング