2014.09.18

4季ぶりのCLで快勝のローマ、ガルシア監督「美しく効果的だった」

リュディ・ガルシア
快勝を喜ぶローマのガルシア監督(中央)と選手たち [写真]=Getty Images Europe

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が17日に行われ、ローマはホームでCSKAモスクワと対戦し、5-1でローマが勝利した。ローマを率いるリュディ・ガルシア監督の試合後のコメントを、同日付のイタリアメディア『メディアセット』が伝えている。


 2010-11シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグの舞台での勝利にガルシア監督は「今夜は素晴らしい試合だった。我々は望んだとおり、勝利し、勝ち点3を手に入れた。けが人が生まれてしまったことは残念だったが、試合は美しく、効果的だった。ホームで勝ち点3を奪えたことは非常に重要だ。簡単ではないと考えられていた試合だからね」と試合は簡単ではなかったもの、5ゴールを挙げての快勝を喜んだ。

 負傷した選手について同監督は「(ダヴィデ・)アストーリはひざを痛め、(フアン・)イトゥルベは筋肉系の負傷だ。我々はこれから数日で(彼らの)けがの治療にどれほどの時間がかかるかを調べなければならない。短いことを祈るよ。どちらにせよカリアリ戦のことを考えなくてはならない」と21日に行われるセリエA第3節のカリアリ戦に向けて頭を切り替えている。

 今夏、ローマはチャンピオンズリーグに向けて大型補強を行った。そのため、厚くなった選手層について「私には2つの大会を戦い抜けるチームがある。チャンピオンズリーグでは、次節マンチェスターでリスクを負えるチームであることを披露するよ。我々は全てのレースで勝つことを目標としている」と、どちらの大会でも活躍を見せることが出来ると語った。

 ローマは30日に、チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節、敵地でマンチェスター・C戦に臨む。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング