2014.09.18

バルサ、CL初戦は辛勝…ピケ決勝弾でキプロスのアポエルを撃破

ピケ
決勝点を挙げたバルセロナのピケ(左) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が17日に行われ、グループFではバルセロナとアポエル(キプロス)が対戦した。

 ホームのバルセロナは、GKに新加入のマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが入り、今シーズン初先発。最終ラインにはダニエウ・アウヴェス、ジェラール・ピケ、マルク・バルトラ、アドリアーノ・コレイアが並んだ。中盤にはシャビ・エルナンデスとセルジ・ロベルト、そしてバルセロナB所属の19歳MFセルジ・サンベルが入り、前線はネイマールとリオネル・メッシ、ムニル・エル・アダティが務めた。アンドレス・イニエスタやイヴァン・ラキティッチはベンチスタートだった。

 チャンピオンズリーグでのクラブ通算得点を498としているバルセロナは、500得点達成に期待がかかる。均衡が破られたのは28分だった。右サイドで得たFKをメッシが蹴り込むと、中央に走り込んだピケが倒れ込みながらヘディングシュートを決めた。40分には、センターサークル内でボールを持ったメッシが左前方へスルーパス。ネイマールが最終ラインの背後を突くと、リターンを受けたメッシが左足シュートを放ったが、GKにセーブされた。前半は1-0で終了した。

 57分には、右サイドでボールを持ったシャビが浮き球のパスをペナルティーエリア左奥へ供給。走り込んでいたネイマールはうまく合わせることができず、チャンスを逃した。以降はアポエルにゴールを脅かされる場面も増え始める。58分にはFKからペナルティーエリア内に入り、シュートを打たれたが、DFがブロック。さらにCKのカウンターからペナルティーエリアまで進入を許し、中央へ折り返されるなど、チャンスを作られた。

 バルセロナは後半アディショナルタイム、ネイマールがペナルティーエリア手前でルーズボールに反応し、うまく相手をかわして右足シュート。GKが弾いたところにリオネル・メッシが詰めたが、カバーに入ったDFにブロックされた。

 試合は1-0で終了。バルセロナがピケの得点を守りきって勝利を収めた。30日の第2節では、パリSGと敵地で対戦。アポエルは、アヤックスとホームで対戦する。

【スコア】
バルセロナ 1-0 アポエル

【得点者】
1-0 28分 ジェラール・ピケ(バルセロナ)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
ヘルタ・ベルリン
10pt
バイエルン
9pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る