FOLLOW US

前回準優勝アトレティコ、CL黒星スタート…オリンピアコスに敗戦

オリンピアコスがアトレティコを破った [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が16日に行われ、グループAではギリシャのオリンピアコスと、前回準優勝のアトレティコ・マドリードが対戦した。

 ホームのオリンピアコスは、エリック・アビダルやアレハンドロ・ドミンゲス、コンスタンティノス・ミトログルらが先発出場。一方のアトレティコ・マドリードは、ディエゴ・ゴディンやフアンフラン、ミランダらが最終ラインを構成し、中盤にはガビとマリオ・スアレス、アルダ・トゥラン、コケが入った。前線はマリオ・マンジュキッチとラウール・ガルシアが務めた。

 先制したのはオリンピアコスだった。13分、左CKをショートコーナーでつなぎ、ペナルティーエリアの外で待っていたアルトゥール・マスアクにボールが渡る。マスアクが思い切りよく左足を振り抜くと、強烈なグラウンダーのシュートがゴール右隅に突き刺さった。

 幸先よく先制したオリンピアコスは、31分に追加点。GKロベルトから始まった攻撃が左サイドへ展開し、アレハンドロ・ドミンゲスが敵陣を縦に突破して中央へ折り返す。待っていたミトログルがスルーをしたボールがファーサイドへ流れると、アトレティコ・マドリードのDFがクリアし損ない、こぼれ球がイブラヒム・アフェライのもとへ。ペナルティーエリア右側でボールを持ったアフェライは、落ち着いて右足シュートをゴール左隅へ蹴り込んだ。

 2点ビハインドを負ったアトレティコ・マドリードも、38分に反撃。左サイドのクリスティアン・アンサルディがクロスを上げると、ペナルティーエリア内のマンジュキッチがファーサイドに流れながらヘディングシュートを決め、1点を返して前半を終えた。

 1点を追うアトレティコ・マドリードは後半、56分にアントワン・グリエスマン、66分にはアレッシオ・チェルチを投入。攻撃陣を活性化して打開を図るが、次の1点はオリンピアコスが記録した。73分、敵陣右サイドでボールを奪うと、パイティム・カサミが縦へドリブルで運び、中央へ折り返す。ミトログルが相手DFを背負った状態でトラップし、ゴールに背を向けてから反転。左足シュートを突き刺し、3-1と再びリードを2点に広げた。

 再び2点ビハインドを負ったアトレティコ・マドリードも意地を見せ、86分に右サイドのコケが上げたクロスから、ファーサイドのグリエスマンが合わせてゴールネットを揺らした。

 試合は3-2で終了。ホームのオリンピアコスが競り勝ち、前回準優勝のアトレティコ・マドリードは黒星スタートとなった。オリンピアコスは10月1日の第2節で、マルメ(スウェーデン)と敵地で対戦。アトレティコ・マドリードは、ユヴェントスをホームに迎える。

【スコア】
オリンピアコス 3-2 アトレティコ・マドリード

【得点者】
1-0 13分 アルトゥール・マスアク(オリンピアコス)
2-0 31分 イブラヒム・アフェライ(オリンピアコス)
2-1 38分 マリオ・マンジュキッチ(アトレティコ・マドリード)
3-1 73分 コンスタンティノス・ミトログル(オリンピアコス)
3-2 86分 アントワン・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO