FOLLOW US

川島、小野が出場のスタンダール、完敗でCL本戦出場ならず

 チャンピオンズリーグ・プレーオフのセカンドレグが26日に行われ、日本代表GK川島永嗣とFW小野裕二が所属するスタンダール・リエージュが、アウェーでゼニト・サンクトペテルブルクと対戦した。川島は先発出場、小野はベンチスタートとなった。

 ファーストレグを0-1で落としていたスタンダール・リエージュは、逆転での勝ち抜けを狙ったが、先制したのはホームのゼニト・サンクトペテルブルクだった。30分、左サイドからのクロスを川島がパンチングでクリアしたが、そのこぼれ球をホセ・サロモン・ロンドンが頭で押し込みゴールを奪った。

 その後、44分にゼニト・サンクトペテルブルクのヴィクトル・ファイズリンが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、スタンダール・リエージュは数的優位の状況を迎える。しかし、逆に54分にPKを献上してしまい、キッカーのフッキにゴールを決められ、リードを2点に広げられた。

 スタンダール・リエージュは58分にもフッキにゴールを許して万事休す。試合はゼニト・サンクトペテルブルクが3-0で勝利。2戦合計0-4で敗れたスタンダール・リエージュはチャンオピオンズリーグ本戦出場を逃している。なお、川島はフル出場、小野は58分から途中出場した。

【スコア】
ゼニト・サンクトペテルブルク 3-0 スタンダール・リエージュ

【得点者】
1−0 30分 ホセ・サロモン・ロンドン(ゼニト・サンクトペテルブルク)
2−0 54分 フッキ(ゼニト・サンクトペテルブルク)
3−0 58分 フッキ(ゼニト・サンクトペテルブルク)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA