2014.07.23

UEFAがPSGに対しCLでのスタジアム一部閉鎖の制裁…ファンの差別行為で

CLチェルシー戦で得点し喜ぶPSGの選手とサポーターたち [写真]=Getty Images

 UEFA(欧州サッカー連盟)がパリSGに対して、次回行われるチャンピオンズリーグのホーム戦で、スタジアムの一部を閉鎖する制裁を科した。

 4月2日に行われた2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグで、パリSGはホームでチェルシーと対戦し3-1で勝利していた。しかし同試合中にパリSGのサポーターによる差別行為があったとして、UEFAが処分を決めている。

 この処分に関して『UEFA.com』に以下のような声明を掲載した。

「UEFA管理規律委員会は、パリSGがホストとして行われる次回のUEFA主催の大会において、パリSGのスタジアム、パルク・デ・プランスの104-105セクターの閉鎖を命令しました。制裁は、障害を持つチェルシーファンに対する、パリSGのサポーター数名の差別行為によって科されました」

 2014-15シーズンのチャンピオンズリーグは、グループリーグからの参戦を決めており、初戦のホームゲームでスタジアムが一部閉鎖される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る