2014.05.01

敗退のモウリーニョ、アトレティコを称賛「まさに本物のチーム」

モウリーニョ
CL敗退が決まったチェルシーのモウリーニョ監督(右) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが4月30日に行われ、チェルシーとアトレティコ・マドリードが対戦。アトレティコ・マドリードが3-1で快勝し、1勝1分けで決勝進出を決めた。

 試合後、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が敗戦を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 モウリーニョ監督は、2失点目を喫した時間帯を振り返って、「PKを与える瞬間まで、相手の方が優れているとは思っていなかった。我々は試合もうまくコントロールできていたが、アトレティコのGKにジョン・テリーの決定的なヘディングシュートを止められ、その後にPKを与えてしまうという、勝負を分ける時間帯に入った」と、コメント。「その後も、1チームだけが士気を落とさなかった。あと30分残っていて、試合の主導権を握っていたからね。試合は60分まで我々のものだったが、準決勝や重要な試合はディテールで勝負が決まる。その極めて重要なディテールがこれだった。アトレティコには、おめでとうと言いたい。彼らは極めてすばらしいチームであり、リーガでも見事な成績を残している。まさに本物のチームだ」と、アトレティコ・マドリードを称賛した。

 そして、マドリード・ダービーとなった決勝戦について、「レアル・マドリードがバイエルンを倒せたのは、マドリードの方が優れていたからだ。アトレティコがチェルシーを倒せたのは、決定的な瞬間で相手よりも優れていたからだ。勝ち上がった2チームには、決勝を楽しんでもらいたい。きっと偉大なチャンピオンが誕生するはずだ」と、話した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る