2014.04.24

ホームで引き分けたアトレティコのスアレス「可能性を追求する」

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが22日に行われ、アトレティコ・マドリードとチェルシーが対戦。0-0のスコアレスドローに終わった。

 ホームでのファーストレグを引き分けで終え、アトレティコ・マドリードのスペイン代表MFマリオ・スアレスが試合を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 マリオ・スアレスは、「このようにすべきという(スタイルの)プレーができたと思う。相手もあのように立ち向かってくることは想定していたが、結局ゴールを奪うことができなかった。それが残念だね。この試合には勝ちたかったけど、もう過ぎてしまったことだ。相手のシュートでゴールを脅かされたことがあったか、それさえも覚えていないよ。チェルシーの戦い方は予想通りだった。(ディエゴ・シメオネ)監督は僕たちにどんな試合になるのかを話してくれたけど、それは間違ってなかったね」と、得点を奪えずに終わったホームゲームを振り返った。

 そして、「チェルシーはここに来た目的を果たしたかもしれないが、まだセカンドレグが残っている。これがチャンピオンズリーグの準決勝というもので、非常に難しい試合だったね。でも、対戦相手に関係なく、アウェーでも勝ちにいくつもりだ。次の試合で奪うゴールには大きな価値がある。自分たちにはチャンスがあるし、可能性を追求するよ」と、30日のセカンドレグを見据えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る