2014.04.24

セカンドレグでの逆転を見据えるロッベン「来週は攻勢に出る」

ロッベン
ロッベンがファーストレグを終えてコメントした [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが23日に行われ、最多9度の優勝を誇るレアル・マドリードと前回王者のバイエルンが対戦。19分にフランス代表FWカリム・ベンゼマが決勝点を挙げ、レアル・マドリードが1-0で先勝した。

 試合後、バイエルンのオランダ代表FWアルイェン・ロッベンが敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ロッベンは、「全体的に、チームを称賛しなければならない。僕たちは全てを試みて、とにかくプレーをしたんだ」と、コメント。「いくつかの場面で、もう少し早くプレーしなければいけなかった。無得点で終わったのは残念だ。後半のマリオ・ゲッツェのチャンスもそうだったけど、ほんのわずかなところなんだ。あのようなもの(チャンス)が入っていれば、良い結果だった」と、敗戦を振り返った。

 そして、「レアルのカウンターは本当に危険だ。本当にすばやいし、すばらしいクオリティを兼ね備えている。だが、僕たちも来週は攻勢に出る。ポジティブに捉えるよ。自信を持って帰る」と、29日のセカンドレグを見据えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る