2014.04.14

レアルとバイエルンを連破したドルト指揮官「特別な1週間だった」

クロップ
ドルトムントを率いるクロップ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドルトムントは12日に行なわれたブンデスリーガ第30節で、バイエルンとアウェーで対戦し、3-0と快勝した。8日には、2試合合計スコアで下回って敗退が決まったものの、チャンピオンズリーグ準々決勝のセカンドレグで、レアル・マドリードにも2-0と勝利していた。

 5日間で、強豪相手に2連勝したことについて、ユルゲン・クロップ監督は、「2試合での得点をうまく振り分けられていればよかった」と日本語版クラブ公式HPを通じて語ったが、「レアル・マドリードとバイエルンを素晴らしい内容で下す特別な1週間だった」と充実感を明かした。

 バイエルン戦については、「相手は優勝が決まって集中力を欠いているようだが、我々は試合に向けて対策を用意し、ほぼプラン通りにプレーできた」とクロップ監督。「バイエルンから勝ち点を奪えるだけでラッキーだが、勝ち点3を獲得できて非常に嬉しい」と、快勝劇を振り返った。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る