2014.04.02

モウリーニョ監督がPSGを警戒「経験がモノを言うとは思わない」

チェルシーを率いるモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 チェルシーは、2日に行なわれるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝ファーストレグでパリSGと対戦する。



 アウェー戦を前に、ジョゼ・モウリーニョ監督は前日会見に出席。「相手は質の高い攻撃の選手が揃っている」と警戒を語った。『UEFA.com』が伝えている。

「パリの試合はたくさん見ている」というモウリーニョ監督にとって、「明確な哲学がある」というのがパリSGを率いるローラン・ブラン監督への評。「レヴァークーゼンとのセカンドレグのように、3人の中盤の陣容を変えても、同じ哲学を貫いている」と分析した。一方、自チームについても、「それは我々も同じ。こちらにも哲学があり、それを変えるつもりはない。自分たちのやり方を信じている」と断言し、自信を語った。

 両チームの経験の差に関しては、モウリーニョ監督も「確かにこの数十年、パリはクラブとして、チェルシーほどの経験はないかもしれない」と語ったが、「パリでプレーする選手の多くは、様々な大舞台を経験している。我々とはまるで正反対だね」とコメント。「経験が大きくモノを言うとは思わないよ」と対戦に向けて、自身の考えを明かした。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る