2014.03.13

マンC撃破を振り返るバルセロナ指揮官「非常に危険だった」

バルセロナ
CLベスト8進出を決めたバルセロナ [写真]=Getty Images

 バルセロナを率いるヘラルド・マルティーノ監督が、12日に行われたマンチェスター・Cとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグについてコメントした。『UEFA.com』が伝えている。

 ホームでの一戦に臨んだバルセロナは2-1でマンチェスター・Cを撃破。2戦合計4-1で準々決勝進出を決めている。試合を振り返ったマルティーノ監督は「互いに試合を支配する場面があり、彼らは非常に危険だった。状況を変えようとしており、我々がアドバンテージを感じることはなかった」と述べ、厳しい戦いだったことを明かした。

 また、マルティーノ監督はサポーターについても言及。「彼らの姿勢とサポートは印象的。我々が必要としていたものだった」と語り、感謝を示していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る