2014.03.13

パリSGが2季連続CLベスト8入り…レヴァークーゼンに2連勝

マルキーニョス
同点ゴールを挙げたマルキーニョス [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のセカンドレグが12日に行われ、パリSGとレヴァークーゼンが対戦した。

 ファーストレグは、アウェーで戦ったパリSGが4-0と大勝。大きなアドバンテージを持ってホーム戦に臨んだパリSGだったが、開始6分に失点を喫した。左サイドからジュリオ・ドナーティにクロスを上げられると、ゴール前でシドニー・サムにヘディングシュートを叩き込まれた。

 序盤に先制を許したが、13分にCKからマルキーニョスのヘディングシュートで得点して、すぐさま追いついた。同点後の18分には、ズラタン・イブラヒモヴィッチがエディンソン・カバーニからパスを受けて、ループシュート。しかし、ボールはクロスバーに当たり、得点とはならなかった。

 28分には、クリストフ・ジャレがペナルティエリア内でファウルを犯してPKを献上してしまうが、シモン・ロルフェスのシュートをGKサルバトーレ・シリグが弾き出して、ピンチを脱した。

 パリSGは、前半を1-1のまま折り返すと、53分に勝ち越し点を奪う。左サイドからルーカス・ディーニェがグラウンダーのクロスを入れると、ゴール前のエセキエル・ラベッシがダイレクトで合わせて、ゴールネットを揺らした。

 逆転に成功したパリSGは、68分にレヴァークーゼンのエムレ・ジャンが2枚目の警告を受けて退場処分となったことで、数的有利に立った。その後は、追加点こそなかったが、2-1のまま逃げ切りに成功。2連勝で、2試合合計スコア6-1と上回り、2シーズン連続のベスト8入りとなった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る