2014.03.12

CL連覇狙うバイエルン、アーセナルとドローも2戦合計で準々決勝進出

バイエルン
シュヴァインシュタイガーの先制点を喜ぶバイエルンの選手たち [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが11日に行われ、バイエルンとFW宮市亮の所属するアーセナルが対戦。宮市はCL登録外のため欠場した。

 アーセナルのホームで行われたファーストレグは2-0でバイエルンが勝利。大会連覇を目指すバイエルンがアドバンテージを持って、ホームに戻っての一戦となった。

 試合はバイエルンがボールを支配する展開に。20分、左サイドからのクロスがファーサイドまで流れたところにアルイェン・ロッベンが合わせたが、シュートは枠の上へ外れた。26分には右サイドで得たFKからハビ・マルティネスがヘディングシュートでネットを揺らしたが、オフサイドで得点にはならず。サイド攻撃を中心にアーセナルゴールに迫るバイエルンは、44分に左サイドからのクロスのこぼれ球を拾ったマリオ・ゲッツェがボレーシュートをするが、GKの手に収まった。

 劣勢のアーセナルはハーフタイムにメスト・エジルを下げ、トマーシュ・ロシツキーを投入。試合が動いたのは55分、左サイドからフランク・リベリーがペナルティエリア内に侵入すると、グラウンダーのパスをフリーで受けたバスティアン・シュヴァインシュタイガーが落ち着いて決めて、バイエルンが先制する。

 直後の57分、ペナルティエリア内左の角度のない位置からルーカス・ポドルスキが決め、アーセナルがすぐさま同点とする。69分にバイエルンにチャンス。左サイドからのクロスをエリア内右でチアゴ・アルカンタラがダイレクトの横パスを選択。マリオ・マンジュキッチはフリーだったが、トラップが流れ、シュートを打てなかった。

 バイエルンはその後もボールを支配。アディショナルタイムにPKのチャンスが訪れたがトーマス・ミュラーのシュートはGKウカシュ・ファビアンスキがストップ。バイエルンは勝ち越すことはできなかったが、1-1の引き分けで試合を終え、2戦1勝1分で準々決勝進出を決めた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る