FOLLOW US

敵地でのドローを振り返るチェルシーのランパード「満足できる」

ガラタサライ戦フル出場のランパード [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが26日に行われ、ガラタサライとチェルシーが対戦。1-1の引き分けに終わった。

 チェルシーのイングランド代表MFフランク・ランパードが試合を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ランパードは、敵地で引き分けという結果に終わったことについて、「これがすばらしい結果だとは言いたくない。でも、相手がどれほど強力なチームか、皆が知っている」と、コメント。「前半はとても良い形でプレーできて、試合をコントロールした。ハーフタイムの時点で、1-0以上の差をつけることができなかったことには少し失望したよ。相手には多くのチャンスがあったわけではない。僕たちは4、5回、良い形でカウンターアタックを仕掛けることができた。それなのに、僕たちは(ゴールを)決めることができなかった」と、前半の戦いを振り返った。

 そして、「相手に良い時間帯があると予想していた。そして、後半に(ガラタサライには)その時間帯があった。僕たちは少し下がってしまって、前半のようにパスを回すことができなかった。それには少し失望しているよ」と、後半の出来を振り返ったうえで、「この結果は満足できる類のものだ。とはいえ、ホームに戻ってやるべきことはたくさんある」と、セカンドレグを見据えた。

 セカンドレグはチェルシーのホームで、3月18日に開催される。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO