2014.02.19

バルサ指揮官は隙見せず…セカンドレグは「0-0のつもりで戦う」

マルティーノ
バルセロナを率いるマルティーノ監督(右) [写真]=Getty Images

 バルセロナを率いるヘラルド・マルティーノ監督が、18日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでの勝利についてコメントした。クラブ公式HPが伝えている。

 アウェーでマンチェスター・Cと対戦したバルセロナは、54分にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのPKで先制すると、90分にはブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスが追加点を挙げて2-0で勝利。試合を振り返ったマルティーノ監督は「我々は勝利をつかむために、この場所にきた。公正な結果だと思う」とコメントした。

 その一方で、同監督は戦いが終わっていないことを強調。「次のステージに進めるという保証はない。我々は180分の中の90分で勝利した。セカンドレグは0-0のつもりで戦う。マンチェスター・Cは、ホームでバイエルンに敗れたが、アウェーでは勝利している」と語り、ファーストレグの勝利を忘れてセカンドレグに臨むことが重要だと主張していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る