FOLLOW US

齋藤学がオーストラリア挑戦を決断!…ニューカッスル・ジェッツが加入を発表

新天地が決まったMF齋藤学(写真は名古屋時代) [写真]=Getty Images

 ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア1部)は25日、MF齋藤学が今シーズン終了までの契約で加入することを発表した。

 齋藤は1990年生まれの32歳。横浜F・マリノスのユース出身で、2008年に2種登録選手としてトップチームに名を連ねると、翌2009年にトップチームへ昇格した。2011年には愛媛FCへの期限付き移籍を経験し、2012年に横浜FMに復帰すると、同年のロンドン・オリンピックにも出場し、2014年にはブラジル・ワールドカップの日本代表メンバーに選出された。2018年に川崎フロンターレへ移籍すると、2021年1月には名古屋に加入していた。

 そして昨年6月には、Kリーグ1(韓国)の水原三星ブルーウィングスへ完全移籍することを決断。初の海外挑戦となったなか、公式戦19試合に出場し1ゴール3アシストを記録した。しかしシーズン終了後には契約満了でフリーとなっており、今度はオーストラリアを新たな活躍の舞台として選択した。

 ニューカッスル・ジェッツは現在、オーストラリアのAリーグ・メンが前半戦を終えたなか、12チーム中11位に位置。後半戦の巻き返しに向け、齋藤には13試合で11ゴールと貧打の攻撃陣を活性化する活躍が期待されている。

 新天地が決定した齋藤は、ニューカッスル・ジェッツの公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「ニューカッスル・ジェッツに加入できて光栄です。監督とともにトレーニングすること、攻撃的なフットボールをするチームに加わることを楽しみにしています。クラブに成功をもたらすことができるよう、全力を尽くします」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO