FOLLOW US

タイリーグ1の前半戦が終了…日本人監督率いるチームが好調を維持

ラヨーンFCを率いる滝雅美監督 [写真]=Getty Images

 先週末、タイリーグ1ではシーズンの折り返しとなる第15節が行われ、日本人監督が率いるサムットプラカーン・シティとラヨーンFCが勝ち点3を獲得した。

 石井正忠監督が率いるサムットプラカーン・シティは、アウェイでトラートFCと対戦。20分に先制点を挙げると前半だけで4得点し、そのまま4-0で勝利を収めた。サムットプラカーン・シティはこれで3連勝とし、勝ち点を22まで伸ばして6位に浮上した。

 サムットプラカーン・シティは上位進出を狙うクラブだが、開幕から波に乗れずに下位に低迷してきた。しかし、11月以降は4勝1敗と好調で、石井監督のサッカーが徐々に浸透してきている。石井監督は現地メディアに対して「前期の目標は達成できなかったが、そのままセカンドレグに入る。改善するところはたくさんあるので、毎試合改善していく」と後半戦へ向けて意気込みを語った。

 なお、サムットプラカーン・シティにはMF小野悠斗とDF坂井達弥が所属している。小野は前半戦の全15試合に出場(うちスタメン出場は14試合)してチームの中盤を支えており、坂井はここまで6試合の出場(うちスタメン出場は3試合)となっている。

 滝雅美監督が率いるラヨーンFCは、ホームでバンコク・ユナイテッドと対戦。MF細貝萌が所属する上位チームを相手に1-0で勝利を収め、今季3勝目を挙げた。

 滝監督は昨シーズンのリーグ王者チェンライ・ユナイテッドの監督を10月末で退任し、すぐにラヨーンFCの監督に就任。就任時には1勝10敗で最下位に沈んでいたチームを立て直し、就任後は2勝1分け1敗と順調に勝ち点を重ねて早くも最下位を脱出させた。後期へ向けて、逆転での1部残留が十分に可能な状況となっている。

文=本多辰成

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO