FOLLOW US

マンCやチェルシーらに影響? FIFA、来季からレンタル移籍の人数を制限か

マンCの食野(左)や板倉(右)のレンタル先がイングランド国内になるかもしれない [写真]=Getty Images

 国際サッカー連盟は来季から、各クラブのレンタル移籍の人数について、1シーズンにつき加入と放出を合わせて8人までとすることを検討しているようだ。27日、イギリスメディア『BBC』が報じた。

 手始めに「22歳以上の選手の海外移籍」が対象となる模様で、2022-23シーズンからは加入と放出を合わせて合計6人までとなるようだ。また、各国のリーグには、国内のレンタル移籍について同様のルールを導入するために3年間の期間が与えられるという。これらの案は27日に行われた委員会で承認された模様だが、ルールの施行にはFIFAの評議会による承認が必要となる。

 ルールが正式に施行されることになれば、“貸し出す側”・“借りる側”問わず各クラブの補強プランに影響を与えることになりそうだ。例えば、チェルシーは現在、28選手をレンタル移籍で放出しており、そのうち22歳以上の選手は15人以上だ。マンチェスター・Cも、現在23歳のDF板倉滉(フローニンヘン/オランダ)や6月に22歳の誕生日を迎えるFW食野亮太郎(ハート・オブ・ミドロシアン/スコットランド)など10選手以上を海外クラブへと貸し出しているが、来季からそれらの選手の主なレンタル先はイングランドとなりそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA