FOLLOW US

PK失敗にサポーター激怒…シエラレオネ代表DFが自宅を襲撃される

サポーターに自宅を襲撃されたバングラ [写真]=Getty Images

 チューリッヒに所属するシエラレオネ代表DFウマル・バングラが、暴徒化したサポーターに自宅を破壊された。9日、イギリスメディア『BBC』が報じている。

 8日に行われた2022 FIFAワールドカップ カタール・アフリカ1次予選のシエラレオネ対リベリア。1st legを1-3で落としていたシエラレオネは、勝ち抜けのために複数得点を必要としていた。ケイ・カマラのゴールで先制したシエラレオネは、その後ペナルティキックを獲得する。だが、バングラが蹴ったシュートはリベリアのGKにストップされてしまう。その後シエラレオネは追加点を奪うことができず、2戦合計2-3でリベリアに敗れた。仮にバングラがキックを成功させていた場合、シエラレオネは2戦合計スコアを3-3とし、アウェイゴールで次のステージに進んでいた。

 ペナルティキック失敗に激怒したサポーターは、試合終了後、バングラに危害を加えようとしたという。そして、赤十字社のスタッフがバングラを庇い、4人のスタッフが負傷したようだ。

 バングラは「僕の人生で最悪の日だったよ」と、当時の状況を語った。

「ここまで敵意を向けられるとは思わなかった。外に出ることさえできないんだ。僕はチームのキャプテンとして、ペナルティキックを蹴った。外してしまって本当にがっかりしたし、申し訳なく思っている。怒りを感じている人たちは、どうか僕を許してほしい」

 バングラの被害は、自宅にも及んだ。暴徒化したサポーターが、窓やドアを破壊していったという。シエラレオネでスポーツ大臣を務めるイブラヒム・ニェレンケ氏が「シエラレオネ人には本当に失望した。不満を抱いた一部のサポーターが、バングラの家に石を投げつけたんだ。暴走したサポーターに対処するための対策を講じないといけない」と苦言を呈したように、選手の安全を守る仕組み作りが待たれている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA