2018.02.18

パチューカ、終盤にPK失敗でドロー決着…本田は惜しいFK放つもゴール奪えず

本田圭佑
先発出場した本田圭佑(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガMX後期第8節が17日に行われ、パチューカがグアダラハラと対戦した。本田圭佑はスタメン出場を果たしている。

 前半はホームのグアダラハラがボールを支配し、パチューカが体を張ってゴールを阻止する展開となった。本田は少ないチャンスの中からFKでゴールを狙うも、先制点を奪うまでには至らない。

 後半に入ると、再び本田にチャンスが訪れる。48分、ゴール正面遠い位置でFKのチャンスを得ると、豪快に左足を振り抜く。カーブのかかったボールはゴールマウスのわずか数センチ右にずれて、ネットを揺らすことはできなかった。

 72分、スコアを先に動かしたのはパチューカだった。敵陣左サイドでボールを持ったエリック・アギレが中央にクロスを上げ、待っていたホルヘ・エルナンデスがヘッドで押し込み先制点を奪った。

 しかし直後の75分、グアダラハラにPKが与えられると、キッカーのオスワルド・アラニスに冷静に決められて振り出しに戻った。

 その後パチューカはPKのチャンスを得るも決めることができず、最終スコア1-1で引き分け、3連勝とはならなかった。惜しいシーンを作った本田は、フル出場でチームに貢献した。

【スコア】
グアダラハラ 1-1 パチューカ

【得点者】
0-1 72分 ホルヘ・エルナンデス(パチューカ)
1-1 75分 オスワルド・アラニス(PK)(グアダラハラ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る