FOLLOW US

セルビア、予選首位で2大会ぶりのW杯出場決定も…監督が突如退任

セルビア代表を率いていたムスリン監督 [写真]=Getty Images

 今月9日、2018 FIFAワールドカップ(W杯) ロシア出場を決めたセルビア代表。しかし、同代表を率いていたスラヴォリュブ・ムスリン監督が突如退任した。30日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 セルビアのサッカー協会FA(FSS)によると「FSSは両者合意の下、ムスリンと契約解除に至った」と発表。なお、退任の理由は明らかになっていない。

 セルビア代表は、W杯の欧州予選グループDを首位で通過。直近10試合では、わずか1敗しかしておらず、突然の監督退任となった。

 なお、後任監督が決まるまでは暫定監督として、ムスリン監督のアシスタントを務めていたムラデン・クルスタイッチ氏が率いることも併せて発表されている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA